代表弁理士ご紹介

元特許庁審査官 審査実務&出願実務 豊富な弁理士

弁理士 田村誠治  (元特許庁審査官,平成19年弁理士試験最終合格)


生年月日: 1970年11月
出生地 : 東京都 足立区

      千葉県千葉市で学生時代を過ごす

前居住地: 東京都 北区

現居住地: 東京都 中央区

 

プロフィール:

特許出願実務(10年)→特許庁審査官(5年)→特許事務所経営(現在)という珍しい経歴を持つ。

豊富な特許出願実務をベースにして特許審査実務を身につけた稀有な弁理士。
得意なセミナーテーマは、「審査官的ロジックの中間処理」「審査官的ロジックの特許調査」など。

東京工業大学・情報科学科卒業。特許の世界に憧れて、特許事務所に就職。特許事務所に10年間勤務して一通りの業務を学んだ後、特許庁の審査官となる。特許出願実務と特許審査実務はそれぞれ1000件以上に及ぶ。

専門は情報処理・映像システム・ケーブル配線・半導体とその関連技術。幅広い技術分野の特許審査を担当。また、韓国特許庁(KIPO)への審査官協議派遣や、中国特許庁(SIPO)審査官の対応業務など幅広い業務を担当してきた。

資格試験好きで、弁理士のほかにも取得した資格は数知れず(社会保険労務士等)。現在は主に英語と韓国語のブラッシュアップを図っている(TOEICは855点)。特許と教育の業界で一生食べていくのが夢。

弁理士受験中に右腕を患い、そのため論文試験は10回目にしてようやくパス。受験勉強で長年苦労したおかげで、平成5年・6年の特許・実用新案法の大改正から、平成19年のシフト補正~現在まで、法律・条約及びその周辺知識を熟知。災い転じて福となす!

現在は、複数の特許事務所と業務提携し、特許出願・中間処理等の実務をこなすほか、特許庁の審査官端末を利用した本格的な特許調査(先行技術調査・無効資料調査等)を行っている。

その他の特許事務所や特許調査会社からの業務提携・業務委託も随時視野に入れており、特に、方向性を同じくする小規模の特許事務所とパートナー関係を結ぶことには意欲的。

 

よろしくお願いいたします。              

 

                弁理士 田村誠治

 

2011年9月26日~30日 KIPO(韓国特許庁)審査官協議

JPOの会議室にて記念撮影(上段向かって右端が田村)
JPOの会議室にて記念撮影(上段向かって右端が田村)

2011年7月25日~29日 SIPO(中国特許庁)審査官協議

JPOの会議室にて記念撮影(上段向かって左から2番目が田村)
JPOの会議室にて記念撮影(上段向かって左から2番目が田村)

2010年11月1日~5日 KIPO(韓国特許庁)審査官協議

KIPOの正門前にて記念撮影(向かって右から3番目が田村)
KIPOの正門前にて記念撮影(向かって右から3番目が田村)

著作権には十分な注意を払い、写真等の個人情報については本人の了承を得る等の注意を払っていますが、お気づきの点はお知らせください。

事務所名「東雲」(しののめ)の由来

(1)「東雲」(しののめ)は、当事務所所長の母校である千葉県立千葉東高等学校(以下、千葉東高校)にゆかりのある名称です。千葉東高校では、毎年秋に「東雲祭」(文化祭)が開かれます。

これまでの人生の中で最も充実していたのが高校時代でした。そういう高校でした。

千葉東高校のみなさんと一緒に歩んで行けたらいいなという想いを込めて「東雲」にしました。

 

(2)「東雲」(しののめ)をwikipediaで調べると、

日本の古語で闇から光へと移行する夜明け前に茜色にそまる空を意味する。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%9B%B2

だそうです。まだまだこれからの特許事務所ですが、「東雲」のイメージと同様、

光へと移行できるようにがんばります。

 

(3)「東雲」は地名や駅名でも知られており、他の士業でも事務所名に使われています。

しかし読みにくいこともあるせいか、特許事務所では、まだ使われていませんでした。

そこで、これ幸いにと使わせて頂くことにしました。

読みにくいことは、その反面、一度覚えてもらえれば忘れにくいとも言えます。

忘れられない特許事務所になるよう、がんばりたいと思います。


「patande」(当事務所のドメイン名)の由来

弊所の所長は、弁理士の資格を取る前から、もともと事業を興したいと考えていました。

必ずしも特許だけでなく、教育の分野での事業も検討を進めていました。

そこで、特許(Patent)と教育(Education)から、ドメイン名を決めました。

特許と教育の頭文字を取って、“P&E” → ”pande”がよかったのですが、

すでにドメインに空きはありませんでした。

そこで、特許をPatにして、”Pat&E” → ”patande”にしました。

このドメインが運良く空いていたので、これに決定したというわけです。

 

こんな事情ですから、”patande”の読み方は、”パタンデ”ではありません。

本来は”パットアンドイー”なんですね。変なこだわりですが(笑)

 

現時点で、教育の方は、特に手を出していません。

一応、弁理士会研修のセミナー講師などは、ある意味「教育」とも言えますけど。

まずは特許でがんばって、いずれ、教育の分野にも進出してみたいと思います。

特許の分野は、非常に面白いので、当分は止められそうにありませんけど(笑)

 

とは言え、実は、教育の分野でのビジネスモデルも、2つほど練っています。

水面下で、マーケティングや人脈構築を進めて、いずれは・・・

 

(東雲特許事務所 所長弁理士 田村誠治)

ロゴマークの紹介

表現したかったのは、次の3つです。

①「shinonome」

②弊所の代表者の経歴(官と民の融合)

③「東雲」のイメージ(地平線と太陽)



①ロゴ中の「Shinonome」の文字は、東雲特許事務所の「東雲」の読み方です。
比較的難しい「東雲」の読み方がわかるように、ロゴに読み方を入れました。


②ロゴ中のマークの「S」の字は、東雲特許事務所の代表者の経歴と、東雲特許事務所の頭文字(S)を表します。
Sは白字だけでなく、青の部分も「S」をモチーフにしています。

東雲特許事務所の代表者の経歴とは?
民間(特許事務所実務者)→特許庁の審査官→民間(特許事務所経営)という特徴があります。
もともと民間にいて、特許庁というオフィシャルな立場にいて(留学?)、再び民間に戻ってきました。
そこで、官民を融合したイメージを、「S」の部分で表現しました。


③「東雲」は、「日本の古語で闇から光へと移行する夜明け前に茜色にそまる空」を意味します。
ロゴの全体で、地平線から昇る、太陽がイメージされています。

運営事業者(特許事務所)

特許事務所名  | 東雲特許事務所(しののめとっきょじむしょ)

所長        | 弁理士(元特許庁審査官) 田村誠治

振込先銀行口座 | 三菱東京UFJ銀行 新橋支店(433)普通4954953

運営事業者(法人)

会社名    | 合同会社アイデアカンパニー (代表役員:田村誠治 他1名)

本社所在地 | 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-1-3 安和宝町ビル305

設立年月日 | 平成26年(2014年)7月7日

資本金    | 700万円

各ページの末尾に「いいね!」ボタンがあります。お好きなページに「いいね!」をお願いします。

代表弁理士ご紹介

【宝町ブランチ】

〒104-0032

東京都中央区八丁堀4-1-3

安和宝町ビル305

(アンワタカラチョウビル)

 

東京ブランチ】

東京都中央区*******

現在はご来客の方は上記の宝町ブランチにて対応しております。

 

【(旧)新橋ブランチ】

〒105-0004
東京都港区新橋****

→H28年12月に宝町ブランチに移転

 

【(旧)田端ブランチ(発祥地)】

東京都北区田端****

引き続き北区のお客様からのご依頼も歓迎しております(お伺いします!)

 

受付時間:10時~18時(昼間部)

     18時~26時(夜間部)

営業日:年中無休

(夜間部・土日祭はメール対応のみ)

email:info@patande.com

(メールまたはお問い合わせフォーム

からのご連絡が確実です)

 

お気軽にご連絡ください

ブログパーツUL5

 

リンク集(二次元バーコード)

東雲特許事務所

個人発明家向けブログ

拒絶理由対策ドットコム

実案ドットコム

商標ドットコム