特許権を対象とした無効調査   ~元特許庁審査官による無効資料調査~

 貴社の技術開発又は製品に対して、障害となる特許を無効するために有効な文献を調査し、ご報告します。

調査検討の結果、同じような内容の発明が特許出願前の文献に記載されていた場合や、それらの文献を組み合わせることにより容易に発明できた場合には相手方の特許権そのものを無効にすることができます。

特許を無効にし得る理由があると判断した場合には、特許庁に無効審判を請求して、その特許権を無効にすることができます。また、実際に無効にしなくても、無効理由の存在を相手方に回答することで、権利行使を断念させることができます。

 更に、実際に無効にせず裁判になった場合にも無効理由が存在する特許権の行使は権利乱用であるとして権利行使が制限されます。

是非ご利用ください。

 

 

★元特許庁審査官の弁理士が先行技術調査を行います。

 

  → 圧倒的なサーチ力、引例解釈力!

 

★審査実務だけでなく出願実務の経験も豊富です。

 

  → 圧倒的なクレーム解釈力、技術理解力!

 

 

元特許庁審査官 弁理士 が無効調査を行い、調査結果をご報告いたします。

特許審査の経験豊富な弁理士が、特許庁審査官・審判官と同じ環境でサーチを行うことで、質の高い調査が実現できます。また、必要に応じて、特許庁に無効審判を請求する際の代理や、無効理由の存在を相手方に回答する際の代行を行うことも可能です。

弁理士には守秘義務がありますので、開発中の技術につきましても安心してご依頼ください。

 

※このサービスは特許庁や裁判所における審理の結果を保証するものではありません。

 このサービスの調査結果において特許を無効するために有効な文献を発見した場合でも、審判官や裁判官の判断の相違により、特許が無効にされない場合もございます。

 

 

1.サービスをご利用可能な方

 

 特に制限はなく、どなたでもご依頼いただけます。

また特許事務所様からのご依頼も可能です。

 

 

2.調査対象

 

貴社の技術開発又は貴社製品に対して、障害となる特許を無効するために有効な文献を調査し、報告します。

 

 

.調査範囲

 

(1)技術分野

電子・電気・物理学、固定構造物、運輸、生活必需品、及びその周辺技術

その他の技術分野(化学、繊維、機械)についてはご相談ください。

 

(2)検索方法

 特許庁のデータベース(V2システム)及び商用データベース(SRPartner等)

 

 

4.納期

 

 調査費用のご入金確認後、最短で営業日、最長でも概ね1ヶ月以内に先行技術調査報告書をご依頼者に発送いたします。

お申し込みが集中した場合や難件につきましては、上記以上のお時間を頂くことを事前にお伝えします。

 

 

5.ご依頼方法

 

 下記の事項を記載した書類を、eメール、郵送又はFAXでご送付ください。

 必要により、電話又は面接を行うことも可能です。

 ・ご依頼者、対象特許を特定する情報(出願番号、必要に応じて上記の請求項の指定)

  

 

6.費用

 

 1件:126,000(税込)

 技術内容・調査範囲・納期等によって変わりますので、別途見積もりをいたいます。

 上記の無効審判を請求する際の代理や、無効理由の存在を相手方に回答する際の代行

については、本サービスとは別個の手続きとなりますので、別途費用が発生します。

 

代表弁理士ご紹介

【宝町ブランチ】

〒104-0032

東京都中央区八丁堀4-1-3

安和宝町ビル305

(アンワタカラチョウビル)

 

東京ブランチ】

東京都中央区*******

現在はご来客の方は上記の宝町ブランチにて対応しております。

 

【(旧)新橋ブランチ】

〒105-0004
東京都港区新橋****

→H28年12月に宝町ブランチに移転

 

【(旧)田端ブランチ(発祥地)】

東京都北区田端****

引き続き北区のお客様からのご依頼も歓迎しております(お伺いします!)

 

受付時間:10時~18時(昼間部)

     18時~26時(夜間部)

営業日:年中無休

(夜間部・土日祭はメール対応のみ)

email:info@patande.com

(メールまたはお問い合わせフォーム

からのご連絡が確実です)

 

お気軽にご連絡ください

ブログパーツUL5

 

リンク集(二次元バーコード)

東雲特許事務所

個人発明家向けブログ

拒絶理由対策ドットコム

実案ドットコム

商標ドットコム